格安SIM MVNO

MVNOとは?

MVNOとは、Mobile Virtual Network Operatorの略で「仮想移動体通信事業者」と言う意味です。MVNO業者とは、携帯電話回線などの無線通信基盤をほかの通信業者から借り受け、独自のサービスを加えて提供する企業のことです。

 

その多くが大手キャリアとの直接契約よりも割安なモバイル通信サービスであることから、「MVNO=格安SIM」という意味合いで使われています。

 

かつて、モバイル通信サービスは自社で移動体通信網設備を持ち、電気通信事業法や電波法に則って法務省から電波利用免許の交付を受けた移動体通信事業者(携帯電話キャリア)しか提供できませんでした。そのためサービスの内容や利用料金は携帯電話キャリア数社が決めたものしか選ぶことができませんでした。

 

そんな状況を一変させたのがMVNOです。MVNOは無線通信サービスの許認可を受けた事業者の設備を利用するため、当局から免許を受けていない企業でも参入できます。

 

MVNOの安さの理由

MVNOは大手キャリアから回線をまとめて借り受け、それを小口に分けて格安でユーザーに提供しています。

 

つまり、自社で無線基地局などの通信施設を持たずに大手キャリアから回線を借りているのです。自社で無線基地局を持たないから仮想=Virtualなのです。

 

自社で基地局を持たないということは、設備投資にかかるコストが削減できます。また、MVNOの多くは店舗をあまり持っていません。ネットでの販売が主流となっているので、店舗の運営費や人件費のコストがかかりません。そのためサービスを安く提供できるのです。

 

また、MVNOはキャリアと直接契約した時に比べて、期間あたりのデータ通信量の制約が厳しいと言うことも安さの理由です。サービスによっては音声通話に対応していない、通信速度に制限がある、SMSが利用できないといった機能制限があることで料金を抑えることができているのです。

※※ おすすめの格安SIM ※※

mineo

価格.com 2016年 格安SIM部門
満足度ランキング第1位

ドコモ回線・au回線 どちらもOK!

mineo


>>格安SIMを使わない理由は?<<


>>格安SIMでiPhoneは使える?<<


>>データ専用でも電話できる?<<


>>格安SIMでLINEはできる?<<



格安SIMを使わない理由は? 格安SIMでiPhoneは使える? データ専用でも電話できる? 格安SIMでLINEはできる?