格安SIM スマホからガラケーに戻す

スマホからガラケーに戻す方法

携帯電話で通話をよくする人の場合、格安SIM1台よりも格安SIMとキャリアのガラケーの2台持ちの方がお得になります。では、一度スマホに変更したキャリアの契約をガラケーに戻すにはどうすればいいのでしょうか?

 

ドコモのスマホをガラケーに戻すには

ドコモでスマホをガラケーに戻す方法はいくつかあります。

 

まず、基本的にはどこのキャリアでもスマホ契約からガラケー契約に変更するにはキャリアショップで手続きを行うことになります。必要な持ち物は以下のとおりです。

  • 身分証明書(免許証など)
  • 携帯電話機の購入代金(新しく購入する場合)
  • 現在利用中のスマホ

 

ドコモでもガラケーをドコモショップに持ち込んで契約変更をすることで、スマホの契約からガラケーのプランに変更することはできるのですが、その際はベーシックプランという基本料金の高いプランが適用されてしまいます。

 

ベーシックプランの場合は最も安いタイプSSでも基本使用料が月額3,600円、「ファミ割MAX50」または「ひとりでも割50」適用で月額1,800円となります。(どちらも税別)「ファミ割MAX50」「ひとりでも割50」は2年単位の継続利用が条件となっています。

 

ドコモのガラケープランで最も安いのがバリュープランです。こちらはタイプSSで基本使用料月額1,864円、「ファミ割MAX50」または「ひとりでも割50」適用で月額934円と、ベーシックプランの約半額となります。

 

バリュープランを申し込むには新しく端末を購入しなければならず、昔使っていたガラケーを持ち込んで変更した場合は基本料金が2倍するベーシックプランを契約しなくてはならなくなります。なお、古いガラケーはバッテリーの持ちが悪かったりもするので、この際新しくガラケーを買うのもアリだと思います。

 

機種変更をする場合は契約事務手数料がかかります。FOMAからXi、XiからFOMAへ契約変更する場合は3000円、FOMAからFOMAに機種変更する場合は2000円かかります。また場合によっては違約金が発生することがあります。

 

例えば「タイプXi にねん」などの2年間同一回線の継続利用を条件に料金が割安になるプランを契約している場合は、契約満了月の翌月、翌々月以外に解約・プラン変更すると解約金が9500円かかるので注意が必要です。ただし、ガラケーに変更すると同時に「ファミ割MAX」など定期契約型割引に申込をすれば解約金はかかりません。基本料金も安くなるので、2年契約になっても申し込んでしまった方がいいでしょう。

 

どうしても端末持ち込みでバリュープランにしたい場合は

どうしてもドコモのガラケー端末を購入したくない場合は、SIMフリー端末を購入して端末持ち込みでプランを変更するという方法もあります。これはバリュー化と呼ばれる方法です。

 

このバリュー化はドコモの端末では行うことが出来ません。そのため別途SIMフリー端末を用意する必要があります。持ち込む端末は下記の条件を満たしているものであれば問題ありません。

 

バリュー化に必要な端末の条件

  • ドコモ以外から発売されたSIMフリー端末
  • 3Gのみを扱う端末(LTE非対応)
  • 技術適合のマークがあるもの

 

この端末をドコモショップに持ち込んで機種変更手続きをすれば、バリュープランに変更することが可能です。端末は中古で探せばかなり安く手に入るでしょう。中古端末は白ロムを販売しているショップで購入するといいでしょう。ダイワンテレコムがおすすめです。

 

これでバリュープランのタイプSSに変更すれば、ドコモ回線は月額934円で利用できるようになります。タイプSSは無料通話が1000円分付いているので、最大25分は無料で通話できます。ネットは格安SIMですればいいのでプラス1000円程度だとすれば、両方合わせても2000円ほどになります。

 

auのスマホをガラケーに戻すには

auもドコモと同様にショップで契約の変更を行います。auの場合は端末持ち込みでの機種変更でも最安プランに変更することが出来ます。auのガラケープランで最も安いものはシンプルコース用料金プランの「プランEシンプル」で基本使用料は月額743円です。ただし、このプランには無料通話分がありません。

 

無料通話分が付いているのはプランSSシンプルからで、基本使用料が月額934円、月々1000円分(最大25分)の無料通話がついています。携帯電話で通話する人はこちらのプランの方が良いでしょう。

 

端末を持ち込む際は安い白ロムを購入して持ち込んだ方がお得です。機種変更の際は、3Gスマートフォンからガラケーに変更する場合は2000円、4G/LTEスマートフォンからの変更の場合は3000円の事務手数料がかかります。

 

中古ガラケー
>>買いたい方はこちら<<

 

ダイワンテレコム

 

ガラケー
>>売りたい方はこちら<<

 

なお、スマホからガラケーへの変更はあくまで機種変更なので、2年縛りの影響を受けることはありませんので違約金はかかりません。ただし、端末を「実質0円」で購入している場合は2年経過していないと損をしてしまうので、端末代の支払いが残っているかどうか確認してから機種変更した方がいいでしょう。

※※ おすすめの格安SIM ※※

mineo

価格.com 2016年 格安SIM部門
満足度ランキング第1位

ドコモ回線・au回線 どちらもOK!

mineo


>>格安SIMを使わない理由は?<<


>>格安SIMでiPhoneは使える?<<


>>データ専用でも電話できる?<<


>>格安SIMでLINEはできる?<<



格安SIMを使わない理由は? 格安SIMでiPhoneは使える? データ専用でも電話できる? 格安SIMでLINEはできる?