格安スマホ 選ぶポイント

格安スマホを選ぶときのポイントは?

格安SIMを利用するときは、その格安SIMカードに対応している端末を用意する必要があります。では、端末を選ぶときはどんな点に注意すればいいのでしょうか?

 

格安SIMを提供しているMVNOでは、セットで購入することのできる「格安スマホ」と呼ばれる格安のSIMフリー端末の販売も行っています。ほとんどの人は価格の安さを重視して選ぶと思いますが、他にもチェックしておかないといけないポイントがあります。

 

格安スマホを選ぶときのポイント

  • SIMサイズ
  • 通信方式・対応周波数
  • バッテリーの持ち
  • ベーススペック
  • 画面サイズ
  • カメラ性能

 

SIMサイズについて

モバイル端末で使用されているSIMカードには3つのサイズがあります。端末に挿して通信するには、SIMカードと端末に搭載されているSIMカードスロットのサイズが一致していなければなりません。

 

最新の機種であればnanoSIMが多いですが、中にはmicroSIMのものもあるので注意が必要です。これはSIMカードを購入するときにも重要なポイントなので、使用する端末を決めてからSIMカードを購入することをおすすめします。

 

また、SIMカードのサイズを変えられる「SIMカード変換アダプタ」というものもありますが、正規の方法ではないので変換アダプタを使う時は自己責任となります。もしアダプタが引っかかって抜けなくなってしまったり、端末内でSIMカードがアダプタから落ちて出てこなくなってしまった場合、修理代は全額自己負担となります。

 

通信方式・対応周波数帯

MVNOによってSIMカードの通信方式は異なります。これは、MVNOに回線を提供しているドコモとauで通信方式が異なるためです。ドコモ回線のMVNOならドコモの通信方式、au回線のMVNOならauの通信方式となっています。

 

ドコモやauなどのキャリアでは、それぞれ自社の通信方式に対応する端末を販売しています。もし端末が利用しようとしているSIMカードの通信方式に対応していないとネット通信ができないのです。この2社では採用している通信方式が異なるため、仮に端末のSIMロックを解除しても互換性はありません。

 

それならSIMフリー端末を使えば問題ないのかというと、そうではないのです。「SIMフリー」と聞くと、キャリアを問わず使えるように思われがちですが、実際には機種ごとに特定のキャリアに対応していたり、非対応だったりします。これには「周波数帯」というものが関係しています。

 

スマホに限らず、携帯電話端末には全て機種ごとに対応している周波数帯があります。ドコモ、au、ソフトバンクなどのキャリアはそれぞれ国から周波数帯を割り当てられており、それぞれの会社の周波数帯のみで通信と通話ができるようになっています。

 

ドコモ・auのLTE対応周波数帯

周波数帯 ドコモ au
2.1GHz帯(バンド1)
1.7GHz帯(バンド3)  
1.5GHz帯(バンド11)  
800MHz帯(バンド18)  
800MHz帯(バンド19)  
1.5GHz帯(バンド21)  
850MHz帯(バンド26)  
700MHz帯(バンド28)
25.GHZ帯(バンド41)  

 

SIMフリースマホでも対応周波数帯によってはうまく通信ができない場合があるので、購入する前にスペック表の「通信方式」の欄をしっかりチェックするようにしましょう。スペック表を見てみると、見慣れない英数字の組み合わせが並んでいるのでよく分からず読み飛ばしてしまう人も多いかも知れませんね。

 

周波数帯のところを見ると「B1,B3…」などと書いてあると思います。これは対応バンドを表しています。また「UTMS」や「W-CDMA」と書かれているものもあります。これは3G回線のことです。3G回線は音声通話に使用されている通信方式です。また「CDMA2000」と書かれている場合もあります。これはauの通信方式です。これらの項目をチェックして、利用したい格安SIMの通信方式に合わせて端末を選ぶといいでしょう。

 

もしスペック表に通信方式の記載がない場合は、販売業者などに問い合わせてみましょう。

 

バッテリーの持ち

せっかく新しくスマホを買ったのに、すぐにバッテリーが切れてしまうと困りますよね。選ぶときはスペック表の「バッテリ」の項目をチェックしておきましょう。ですがスマホの使用電力は機種によってまちまちなので、参考程度にしかなりません。

 

現在では、2000mHA以上あれば問題なく使えるそうです。連続待ち受け時間が表記されている場合もあるので、参考にしてみるといいでしょう。

 

ベーススペック

スマホを快適に使いたいなら、処理能力が重要になってきます。搭載されているOSやCPU、メモリなどのベーススペックをチェックしましょう。OSは、格安スマホの場合はAndroidが一般的です。最新のバージョンのものほど高性能です。OSは後からアップデートでバージョンアップすることができます。

 

CPUはスマホの処理能力に直結する部分です。CPUは動作周波数が大きいほど処理速度が速く、コア数が多いほど複数の処理を効率的に行うことが出来ます。コア数はデュアルコア(2コア)、クアッドコア(4コア)、オクタコア(8コア)のいずれかである場合が多いです。動画を見たりゲームをしたい場合は、クアッドコア以上のものを選ぶといいでしょう。

 

メモリも重要な部分です。メモリにはRAMとROMがあり、RAMは色々なアプリを同時に使う際などに重要になってきます。RAMの容量が大きいとたくさんの作業が同時に行えますが、容量が少ないと動作が重くなったり、酷い場合は端末が強制的に再起動されたりします。

 

一方、ROMは記憶をためておく部分です。この数字が多ければ多いほど写真や動画を貯められ、多くのアプリを動かすことが出来ます。もし足りなくなってもSDカードで補うことが出来るので、購入の際はそこまで重要視しなくても大丈夫です。

 

画面サイズ

動画を見たい場合は画面サイズの大きいものの方がいいでしょう。また画面が大きい方が文字なども見やすく、操作しやすいというメリットもあります。

 

ただし、あまり大きすぎると端末そのもののサイズも大きくなってくるので、手のひらに収まらずに片手で操作しづらかったり荷物がかさばるといったデメリットもあります。できれば店頭などで実物を確認して、自分が使いやすいサイズ感のものを選ぶといいでしょう。

 

カメラ性能

最近ではデジカメではなくスマホで写真を撮る人が増えているので、重要視している人も多い部分です。スペック表のカメラの項目を見てみると、画素数が表記されていることが多いと思います。でも、実は画素数だけではカメラの性能は測れません。

 

写真の出来はシャッタースピードに大きく左右されます。シャッタースピードが速ければ鮮明な写真が撮れますが、遅いと手ブレなどであまりいい写真が撮れません。他にも手ブレ補正機能や明るさや色味を補正してくれる機能、撮影後の編集機能などの性能が良いものの方が満足度が高いでしょう。

 

最近では写真加工アプリなども充実しているのでいくらでも加工できてしまいますが、写真の質にこだわりたい人はこうしたポイントもチェックして選ぶといいでしょう。

※※ おすすめの格安SIM ※※

mineo

価格.com 2016年 格安SIM部門
満足度ランキング第1位

ドコモ回線・au回線 どちらもOK!

mineo


>>格安SIMを使わない理由は?<<


>>格安SIMでiPhoneは使える?<<


>>データ専用でも電話できる?<<


>>格安SIMでLINEはできる?<<



格安SIMを使わない理由は? 格安SIMでiPhoneは使える? データ専用でも電話できる? 格安SIMでLINEはできる?