格安SIM 使わない理由

格安SIMは使わない方が良い!?

乗り換えたら損をした…?

 

格安SIMにしたらスマホ代が安くなる!と聞いて格安SIMに乗り換えたのに、かえって月額料金が高くなってしまった!という人、実は結構いるんです…。

 

「安くなると思ってたのに、どうして?」と思ったあなた、実は格安SIMには知らないと損をしてしまう落とし穴があるのです…。

 

格安SIMには無料通話がない!

格安SIMには無料通話がない!?

格安SIMが話題になった頃、テレビで「スマホが2,000円台で使える”格安スマホ”」というものが登場したと取り上げられました。それを見て、これまでスマホを使っていなかった人たちも興味を持ち、「2,000円なら…」と安易に乗り換えてしまった人もいました。

 

ところが、重大なことを見落としていたのです。

 

ドコモ、au、ソフトバンクといった「キャリア」と呼ばれる大手携帯会社では、無料通話分や同じキャリア同士だと通話料が無料になるサービスがあります。

 

しかし、格安スマホの場合は通話が無料になるサービスがありません。電話をかければかけるほど通話料が発生するのです。そうとは知らず今まで通りスマホで電話をしてしまうと、思っていた以上に料金がかかってしまい「こんなはずじゃ…」と状態に陥るのです。

 

実は携帯電話でよく電話をする人の場合は、格安SIMで電話をしない方が良いんです。格安SIMはデータ通信料は安いですが、通話料は30秒につき20円かかります。

 

「携帯電話なのに電話しない方が良いなんてどうすればいいんだ!」と思うかもしれませんが、最近では無料で電話ができるLINEなどの無料通話アプリが充実しています。そうしたアプリを活用することで、格安SIMでも無料で通話をすることができるのです。

 

ただし、LINEを使っている人同士でないと通話もメールもできないということや、110番や119番などの緊急電話や固定電話などへの通話はできないということを理解したうえで利用しましょう。

 

通話料がお得な格安SIMもある!

これまでは「格安SIM=通話料が高い」というのが常識となっていましたが、ユーザーの要望に応えて通話料がお得になる格安SIMも続々と登場しています!

 

たとえば楽天モバイルには、5分以内の国内通話が何度かけてもかけ放題になる「5分かけ放題オプション」というサービスがあります。オプションは月額850円で利用できます。

 

このオプションを付けると、電話をかける際に通話アプリ「楽天でんわ」を利用して国内通話をすれば、1回につき5分以内の通話なら何度かけても通話料がかからないのです。

 

なお、5分を超えた場合は30秒につき10円の通話料がかかります。頻繁に電話をかけるけれど1回の通話が短い場合におすすめのサービスです。

 

他にも無料通話分があるプランを開始した格安SIMもあります。

 

UQ mobileでは無料通話付きの「ぴったりプラン」が登場!月々最大30分の無料通話が付いて月額2,980円(※スマトク割適用時)となっています。

 

もっと電話をしたい人はプラス1000円で最大60分まで増やすことも可能。UQ mobileは通信速度も高速で安定しているのでおすすめですよ。

 

MVNO事業に参入する業者が多くなった分、こうしたサービス向上も期待できそうですね。

格安SIMに乗り換える時に気を付けること

格安SIMに乗り換える時に気を付けるポイント

格安SIMには知っておかないと損をしてしまうことがあるのです。では、その他に知っておいた方が良いポイントを紹介していきましょう。

 

キャリアのサービスが使えなくなる

格安SIMにすると、これまで使っていたキャリアのサービスが使えなくなります。一番利用している人が多いと思われるのが○○○○@docomo.ne.jpや○○○○@ezweb.ne.jpといったキャリアメールです。

 

メールが使えないと困ってしまいますので、代わりにフリーメールを使うといいでしょう。中にはキャリアメールと同等のメールアドレスを持つことができる格安SIMもあります。

 

UQ mobileでは、月額200円で「○○○@uqmobile.jp」というメールアドレスが使えるようになります。フリーメールだとPC扱いになってしまいますが、このメールアドレスはキャリアメールアドレスと認識され、迷惑メール扱いになりにくいのです。
UQ mobile

 

ただし、「@uqmobile.jp」が使えるのは一部の機種のみなので注意が必要です。

 

初期費用がかかる

格安SIMに新規に契約をする時、初期費用としてSIMパッケージ代が3,000円かかります。

 

また、端末を新しく購入する場合は端末代もかかります。しかも大手キャリアのように端末の本体価格を割引してくれるサービスもないため、端末の価格がかなり高く感じると思います。基本料金だけ見ると500円未満で使えるプランもあるのでお得感がありますが、初めの頃は意外とお金がかかるので注意が必要です。

 

初期費用を抑えるなら、OCNモバイルONEがおすすめです。今なら、パッケージ代通常3,240円が最大90%OFFで購入できるのでかなりお得です。

 

購入の際はこちらのページの下のバナーから購入するとお得です。Amazonでの注文になります。

 

OCNモバイルONE SIMパッケージ代

データ通信専用SIM

SMS対応SIM

音声通話対応SIM

610円

(81%OFF)

1,127円

(65%OFF)

324円

(90%OFF)

 

さらに月額基本料が利用開始月は無料!初期費用を安く抑えて格安SIMを使い始めたい人におすすめです!

 

キャリアの解約違約金がかかる

格安SIMに乗り換えるとなれば今まで使っていたキャリアの契約を解約することになりますが、タイミングによっては解約違約金というものがかかってしまいます。解約違約金は1万円近くとかなり痛い出費となります…。

 

この解約違約金は2年縛りによって発生するもので、契約から2年以内、もしくは契約更新月以外に解約をした時にかかるものです。解約をする時は契約更新月を一度調べてみましょう。

使い方次第ではこんなにお得に!?

「せっかく格安SIMにしようと思ったのに、損するんだったらやめようかな」と思ったあなた…。

 

実は使い方を間違えなければとってもお得になるんです。

 

散々損するポイントを紹介してきましたが、使い方次第ではそれもすべて解決します!

 

電話をよくする人は携帯電話を2台持ちする

格安SIMで電話をたくさん掛けると通話料が高くなってしまうので、携帯電話で電話をよくする人は通話専用のガラケーとネット専用の格安スマホの2台持ちをすると安くなります!

 

格安SIMには無料通話がありません。電話をするなら、キャリア契約で通話料が無料になるプランを利用して、格安SIMはパケット通信のみで使うようにしましょう。

 

データ容量を気にせず使いたいなら容量無制限プランのあるU-mobileがおすすめです。
U-mobile

 

今なら無制限+音声通話対応のプランが最大3ヶ月基本料無料で使えるキャンペーンを実施中!キャンペーンは6/30までなのでお早めに。

 

その他にも格安SIMはたくさん種類があるので、自分に合ったものを選ぶといいでしょう。

 

端末は中古を使う

MVNOでスマホを新しく買うと、割引などもないので高い買い物になってしまいます。それに、格安SIMでセット販売されている端末は種類も少ないので、気に入った端末がない場合もあります。

 

そこでおすすめなのが中古端末を上手に利用する方法です。自分が今まで使っていたスマホに差し替えれば端末にかかる費用は0円です!

 

でも持っている端末がSIMカードに対応していなかったり、もう古いから新しい端末に変えたいという人は「白ロム」と呼ばれる中古端末を購入しましょう。中古といっても、一度人の手に渡ったことがあるというだけで、中には未使用の新品もあります。

 

市場に出回っているものは動作確認などもされているので問題なく使えるものが大半ですが、万が一使えなかったときに保証してくれる店舗で購入することをお勧めします。またランク付けしてありキズがあったり、不具合があれば低いランクが付いています。購入するときはしっかりチェックしましょう。

 

白ロムを買うならこちらの通販サイトがおすすめです。品ぞろえも豊富で、保証もあるので安心です。
白ロムネット通販 ダイワンテレコム

 

キャリアの解約のタイミングを見極める

キャリアを解約するときは契約更新月以外に解約をすると違約金がかかってしまうので、契約更新月を調べてその月のうちに解約してしまいましょう。契約更新月は各キャリアのお客さまサポートページから確認することができます。

 

しかし、契約更新月がだいぶ先の場合は違約金を払ってでも早めに解約してしまった方が長い目で見るとお得なのです。契約更新月まであと何ヶ月残っているかどうかでいつ乗り換えた方が良いかは変わってくるので、一度計算してみるといいでしょう。

 

 

こうしたポイントを押さえておくことで、格安SIMは損することなくお得に使うことができます!知らずに乗り換えてしまった人も損をした分を取り戻すことができるでしょう。せっかく格安SIMに乗り換えるのだから、これ以上損する人が増えないようにもっともっとこうした情報を発信していきたいと思います。